Daniel Liao

Chairman of Lam Asia Pacific Operations

2019年6月、取締役に選任。1993年以来、半導体プロセス装置の会社であるLam Researchの上級管理職を務め、現在はLam Asia Pacific Operations(台湾、中国、東南アジア地域)の会長として数十億ドル規模のアジア太平洋事業のグローバルな製品開発、戦略的計画、成長、成功に大きく貢献。Lam社入社以前、1988年から1993年までサンタクララのIntegrated Device Technologyで、1984年から1988年までリバモアとサンタクララのIntel Corporationでエンジニアリング管理と技術指導の役職を務める。台湾の国立成功大学電気工学学士号、ケース・ウェスタン・リザーブ大学電気工学および応用物理学修士号取得。