Amkor helps customers meet the increasing performance demands of today’s network systems

世界のデータ需要は日々増加しています。ストリーミングデバイス、スマートスピーカー、防犯カメラなど、私たちの身の回りでは、接続されたデバイスや通信されるデータが指数関数的に増えています。これらの大規模なデータ伝送は、情報を伝送するハイパースケールのデータセンターに膨大な負荷をかけています。

Amkorは、ネットワーキングやデータセンターのアプリケーションにおける性能や熱の課題、インテグレーションの課題に対応するために、さまざまなパッケージング技術を多数提供しています。

 

ネットワーキングとデータセンター

Amkorは、高密度と低消費電力の両立という課題にパッケージングソリューションを提供します。データセンター、携帯電話基地局、光ファイバー機器などは、ネットワーキングのインフラを提供します。ネットワークのハードウェアとしては、サーバー、データストレージインフラ、ソリッドステートドライブ(SSD)などが挙げられます。

データセンターのサーバーとストレージは、エネルギー効率を最適化しながら24時間365日利用可能でなければなりません。エンタープライズレベルのSSDは、省サイズ、放熱/電力効率の向上を実現しなければなりません。ネットワーキングに使用されるICは、スイッチ、プロセッサ、コントローラ、PHY、ロジック、アナログ、パワーマネジメント、クロック、メモリおよびセンサーなどがあります。

スイッチ

パッケージタイプ:

スイッチは、データセンター内の様々なサーバーラックを接続するために使用されます。ラックの上部とリーフスパイン・スイッチは、データセンター内のインターコネクトとEast-Westのトラフィックの流れを円滑にします。

これらのスイッチには、パケット転送のための高速性能と優れた熱特性が求められます。

PHYs/
トランシーバー

PHY とトランシーバーは、処理されたパケットを受け取り、ネットワークに送り出します。また、パケットの受信やアンバンドリングも担当しています。

PHYは通常、TX/RXパスを持ち、通信用の業界標準プロトコルに準拠しています。最新のPHYの中には、112Gbpsのデータレートに対応しているものもあります。

プロセッサ

パッケージタイプ:

ネットワークに採用されるプロセッシングユニットには、パケットプロセッサからセキュリティプロセッサーまで、いくつかの種類があります。

サーバー

パッケージタイプ:

サーバーラックはデータセンターの心臓部であり、高性能なプロセッサが必要です。これらのデバイスには多くの異なるパッケージタイプがあります。

SSDコントローラ

メモリはデータセンターの重要な部分です。情報を処理する必要がある場合には、ストレージデバイスから情報を取得します。SSDコントローラは、情報の保存と検索プロセスにおいて重要な役割を果たしています。

機械学習

パッケージタイプ:

人工知能の一部である機械学習は、計画や設計、ITワークロードの管理、稼働時間の確保、コストの管理など、将来のデータセンター運営のあらゆる側面を最適化します。今日のデータセンターは、トレーニングだけでなく推論ソリューションにも対応しています。

ご質問やお問合せはこちらまで

以下の「リクエスト」をクリックしてご連絡ください