産業革命のデジタル化

人工知能、機械学習、コネクティングシステムを活用して、インダストリー 4.0は、ファクトリーオートメーションを超え、ファクトリーインテリジェンスを実現するという課題を提起しています。ファクトリーインテリジェンスのゴールは、製品やサービスの品質向上、製造現場での意思決定の迅速化、高付加価値資産の活用です。

インダストリー1.0
インダストリー2.0
インダストリー3.0
インダストリー 4.0

発電

第一次産業革命は1700年代後半から1800年代初頭の間に起こりました。この間、生産活動は、人や動物の手による手作業を中心としたものから、水や蒸気を動力とするエンジンやその他の工作機械を用いた最適な労働形態へと進化していきました。

工業化

20世紀初頭、世界は鉄鋼の導入や工場での電気の利用などにより、第二次産業革命に突入しました。電気を導入したことでメーカーの製造効率が上がり、工場の機械の機動性を高めることができました。生産性を高めるための組立ラインのような大量生産の概念が導入されたのはこの時期です。

自動化

1950年代には、第三次産業革命が登場し始め、メーカーがより多くの電子技術、最終的にはコンピューター技術を工場に取り入れ始めました。この間、メーカーはアナログ技術や機械技術よりも、デジタル技術や自動化ソフトウェアを重視し始めました。

デジタル化

過去数十年では、インダストリー4.0 と呼ばれる第4次産業革命が出現しました。インダストリー4.0は、IoTによるインターコネクティビティ、リアルタイムデータへのアクセス、サイバーフィジカルシステムの導入などにより、ここ数十年のデジタル技術の重要性を全く新しいレベルに高めています。インダストリー4.0は、製造業に対して、より包括的で、相互に連携した、全体的なアプローチを提供しています。フィジカルとデジタルをつなぎ、部門、パートナー、ベンダー、製品、社員間のコラボレーションとアクセス性を向上させることができます。インダストリー4.0 は、ビジネスオーナーが業務のあらゆる側面をより良くコントロールし、理解する力を与え、データを活用して生産性を高め、プロセスを改善し、発展を推進することを可能にします。

8つの柱で築く未来

自律型機械

ビッグデータ分析

産業用 IoT

クラウドコンピューティング

ユニバーサルシステムインテグレーション

サイバーセキュリティ

生産性

シミュレーション

Amkorは、インダストリー 4.0での成功を確実なものにするために、8つの柱を採用しています。柱の5本は基礎的なものであり、3本はインテリジェントファクトリーのフレームワークを可能にします。

Amkorでは、オペレーターの介入がない自律型設備を採用しているほか、工場内では完全自律型ロボットによるハンズフリーのマテリアルハンドリングを実現しています。また、実行トラッキング、材料検証、オペレーターへの情報提供支援など紙ベースのプロセスの電子化も実施しています。

Amkorは、ビッグデータ分析を活用して、機械のパフォーマンス、歩留まり、プロセス欠陥、サイクルタイムに対するインサイトを提供しています。コネクテッドデータを活用して、実用的なインサイト、リアルタイムの生産計画、工場の最適化を推進します。

ビッグデータ分析のもう一つのメリットは、予知保全であり、目標耐用期間マネジメントのための効率的な方法を適用し、次の loT メンテナンスを防止し、エンジニアリングの労力を減らすことができます。

コンピューター統合製造(CIM)と IoT で制御された工場環境(空気、ガス、化学薬品、電気)を実装することで、Amkorは製造プロセスのスピードを上げ、リアルタイムセンサーとクローズドループ制御プロセスを使用して製造工程全体を自動化することができます。

クラウドコンピューティングは、リアルタイムのデータ交換を容易にし、デジタルコラボレーションと統合の環境を作り出し、促進します。これにより、Amkorは主要なステークホルダーとのつながりを強化し、サプライチェーンのプロアクティブかつ協調的なマネジメントでリアルタイムの可視性を提供し、効率性を高め、リスクマネジメントを強化することができます。

Amkorは、製品ライフサイクルマネジメント(PLM)、企業資源計画(ERP)、製造実行システム(MES)、コンピューター統合製造(CIM)および工場内の周辺システムをユニバーサルに統合することで、新製品の導入、受注から配送、およびお客様の注文の効率的な遂行までのシームレスなサービス、エンドツーエンドの可視性、ユニットレベルトレーサビリティ(ULT)を可能にしています。

Amkorは、Amkorとお客様の知的財産を保護するために、厳格なコントロールと保護を実施します。これを実現する方法の1つが、Amkorのデジタル著作権管理(DRM)ソリューションで、外部または内部で知的財産データの安全な通信を可能にします。

Amkorの DRM ソリューションが提供するもの:

  • ドキュメント使用のコントロール
  • 不正な共有の防止
  • 文書の制限
  • 印刷およびスクリーンキャプチャの防止
  • 透かし文字
  • アクセスの取り消し
  • 文書の追跡
  • 強制失効

 

AIは、データドリブンなプロセスを用いて高品質な半導体を開発および生産するために、人間中心の入力と意思決定の限界を克服することができます。Amkorは、人間では判別が難しい欠陥の検出を改善するために、機械学習アプローチを応用しています。

人工知能、機械学習、拡張現実を統合することで、フィジカルな設計結果、検査精度、製造プロセスの改善を迅速化し、最適化することができます。

Amkorの工場シミュレーションモデリングを使用することで、デジタルで作成された生産空間での作業を可視化し、シミュレーションすることができます。これにより、Amkorは、時間ベースのプロセスを数分でシミュレーションできるようになり、異なるシステム構成を比較したり、工場システムへの影響を評価することが可能になります。

継続的な改善、定期的な評価

弊社では、6つの重要業績評価指標(KPI)基準を用いて、スマートマニュファクチャリングを評価しています。Amkorにおいてインダストリー4.0プログラムで承認されたすべてのプロジェクトは、1つまたは複数の重要な業績の測定値を有しています。

品質

歩留まりとお客様からのフィードバック

生産性

従業員の効率化

サイクルタイム

製造サイクルタイム

意思決定の速度と質

エンジニアリングデータの分析とライン内での意思決定にかかる時間を短縮

資産の利用

生産性向上のための資産の活用

コスト

競争力のある価格設定

スマートマニュファクチャリングに関するFAQ

スマートマニュファクチャリングとインダストリー4.0 の違いは?

スマートマニュファクチャリング、インテリジェントファクトリー、中国製造2025、インダストリー4.0は、次世代の製造業を指す様々な産業プログラムですが、全て先進製造業に関連しています。これらの様々なプログラムは、いずれかの技術の範囲や重点箇所に微妙な違いがある中で、世界の様々な地域で開始されました。第4次産業革命と呼ばれるインダストリー4.0 はドイツで始まり、次世代の製造業の特徴を定義することになりました。このプログラムは現在、世界中で広く採用されています。

Amkor のインダストリー4.0 は何を構成しているのでしょうか?

Amkorはインダストリー 4.0 のフレームワークに8つの技術の柱を採用しています。それらは、1)自律型機器 2)業向けIoT 3)ユニバーサルシステムインテグレーション 4)人工知能/拡張現実(AI/AR) 5)ビッグデータアナリティクス 6)クラウドコンピューティング 7)サイバーセキュリティ 8)シミュレーションといったものです。

なぜAmkorはインダストリー4.0に力を入れているのですか?

Amkorは、工場運営の効率化、品質向上、活用に力を入れています。Amkorの全体的かつ総合的な戦略は、適切な戦略で適切な領域の先端技術を活用しています。製造メーカーとして第4次産業革命の技術を採用することで、効果的、効率的な製造を実現し、競争力を維持していくことができます。

Amkorは、この構想の成功をどのように評価しますか?

Amkorでは、各メカニズムごとに設定した目標を、事業目標や戦略に合わせています。目標の評価は、部門間の協力的なインダストリー4.0 委員会によって監視および監査され、実績レベルと実際のビジネス成果に基づいた定量的および定性的なものとなっています。

Amkorでは、誰が目標に向かっての進捗状況を監視していますか?

部門間の協力的なチームが、目標設定、評価、進捗状況のモニタリングのプロセス/メカニズムを監督する管理機関としての役割を果たします。