The customer is the judge of our quality

「Total Quality Management」の原則とコンセプトを取り入れることにより、Amkorの品質に対する意識は、新製品開発、製造、管理、販売、顧客サービスを通じたすべての事業側面に反映されています。当社の「Supplier Partnership Program」は高品質かつコスト効率の良い材料やパーツの可用性を保証するように企画されており、当社だけでなくティア1とティア2のサプライヤーにも運用されています。Amkorは多くのお客様からNo.1サプライヤーとして認知を頂き、またモデリング、テスト、標準化の分野で業界のトップランナーです。

 

Quality Policy

長年にわたり実施され高い信頼を得てきたイノベーティブな高品質製品とサービスによる継続的な改善を通じて、顧客の期待を上回る満足を提供すること

 

 

Our Systems

Amkorの世界的QOS(品質運営システム)は総合的な運営指針を規定する標準の運営手順および仕様と連動して使用されます。これらは業界のモデルとなり、国際的に認められた基準となりました。当社の管理手法、システムおよび世界中のすべての製造現場はISO-9001、ISO-14001、OHSAS-18001、TS-16949/IATF-16949、DLA(米国国防兵站局)DSCC、MIL-STD-38535 QMLおよびMIL-STD-883、レベルQ(プラスチック)およびレベルS(気密性)ならびにSonyグリーンパートナーの認証取得を目指し、あるいはすでに取得してきました。

Ten Guiding Quality Principles

 

1

当社の品質は
お客様が定義します

2

当社の目標は、ゼロ デフェクト(不良ゼロ)で業界をリードする信頼性を提供することです

3

品質は製品のみではなく
サービスにも及びます

4

当社は例外なく
お客様とのコミットメントおよび期限に応えるため
尽力します

5

すべての従業員は品質の優秀性を推進する継続的な改善においてそれぞれの役割を果たします

6

当社は「いつでも、最初に適切な行動を取る」姿勢を維持します

7

サプライヤーの品質管理は
Amkorの品質目標を
実現する重要な要素です

8

検出ではなく予防こそが不良を減らし、是正処置対応を不要にすると考えます

9

従業員は顧客満足を向上する品質レベルを目指して
尽力します

10

単に仕様を満たすのみではなく、お客様の期待にお応えすることがAmkorの
要件です

品質に関する重要な要素

「検出ではなく、不良発生の予防」

 

当社の総合品質管理プログラムのルーツは、80年代半ばにスタートした、私たちの継続的な不良率改善の礎を築いた統計プロセス管理プログラムまで遡ります。重要なTQMの要素には次のものが挙げられます:

  • Voice of the Customer(VOC)、Voice of the Process Program(VOP)
  • ベンチマーキング
  • 最適手法の適用(BKM:Best Known Method)
  • 先行製品品質プランニング(APQP:Advance Product Quality Planning)

  • 総合生産保全(TPM)
  • 総合管理方法(TCM)
  • AWW品質改善システム(QIS)
  • AWW品質運営システム(QOS)

ご質問やお問合せはこちらまで

以下の「リクエスト」をクリックしてご連絡ください