Thermal efficiency for high performance demands

Amkorが開発したこのパワーICパッケージは、標準的なLQFPやTQFPの熱効率を大幅に高めます。露出型(ePad)LQFP/TQFP(別称HLQFP/HTQFP)は、標準のLQFP/TQFPに対して110%も放熱を増やし、動作パラメーターの限界を広げます。ePadはグラウンドにも接続可能、高周波数アプリケーションでループインダクタンスを低減します。マルチチップのソリューションには、チップスタックプロセスによる3Dパッケージングも用意されています。

ePad LQFP/TQFPは、設計エンジニアに、通信、ストレージ、ワイヤレス、ネットワーキング、PC、自動車向けなどのアプリケーションといったハイパフォーマンス製品の設計および生産に必要なマージンを提供します。シールディングとグラウンド接続により、ePad LQFP/TQFPパッケージはGaAsおよびハイスピードシリコンテクノロジーに最適です。

特徴

  • ボディサイズ:5 x 5 mm ~ 28 x 28 mm
  • リード数:32~256
  • 幅広い選択肢のダイパッドサイズ
  • Double down-set ground bond ring pad
  • Cuリードフレーム
  • TQFP:ボディ厚1.0mm
  • LQFP:ボディ厚1.4mm
  • リードフレームのカスタムデザインに対応
  • E-Padにヒートシンクを搭載する為の逆ベントも対応可
  • Low profile – <1.2 mm(取り付け高さ Max)
  • Electricalーパドルをグラウンドパスとして使用した超低ループインダクタンスで、信号用に多くのピンが利用でき、最大2.4GBHzまでの動作周波数に対応します。

ご質問やお問合せはこちらまで

以下の「リクエスト」をクリックしてご連絡ください