Amkorの鉱物調達に関するステートメント

紛争地域や高いリスクのある地域(CAHRA)で採掘された紛争鉱物の精錬、取引、取扱いおよび輸出に関する著しい悪影響のリスクを理解し、Amkor Technology, Inc.は人権を尊重し、紛争に直接加担しない責任を負うことを自覚しており、世界中の拠点で使用される紛争鉱物について責任をもって調達してまいります。

現在米国と欧州連合の法律によって定義されている紛争鉱物には、スズ(Tin)、タンタル(Tantalum)、タングステン(Tungsten)および金(Gold)(通称3TG)が含まれています。CAHRAsとは、破綻国家、人権侵害を含む国際法の広域かつ組織的な違反が存在するなど、健全な統治や安全性が認められないまたは低いことが判明している地域に加え、武力紛争状態にある地域、不安定な紛争後の地域を言います。

私たちのコミットメント

Amkorは、責任ある紛争鉱物の調達というそのコミットメントの一環として、以下のような措置を講じております:

  • 国際的な規範と基準に基づいた社会、環境、倫理的な業界基準であるResponsible Business Alliance Code of Conduct(以下、RBAコード)を遵守するよう設計された業務慣行を確立し維持すること。RBAコードにコミットする参加者は、これをサプライチェーン全体の取り組みとして捉えること。
  • CAHRAsで採掘される紛争鉱物について、責任ある調達を率先して支援するよう努力すること
  • CAHRAsから当社へ提供される紛争鉱物に対して、責任を持って調達するという認識をサプライヤーに対して伝えること

未来に向けて

将来的に、政府規制の制定やAmkorの利害関係者による新たな要望がなされ、3TGに加えて他の鉱物も責任ある調達の要件に従わなければならなくなる場合、これらの要件を満たすため、適切な措置を講じていくこと。

レポート用テンプレート